注目の記事 PICK UP!

彼女と別れるキッカケとなった行動5パターン!

c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s

仲が良くて羨ましいと思っていたカップルがいつの間にか別れていた。
なんてことありますよね。
お互いに好きなはずなのに、些細なことで喧嘩になって、いつの間にか溝ができて。。。
今回は、そんな「彼女と別れるキッカケとなった行動」をご紹介します。

【1】彼女からキスを求めてきたが、緊張してできなかったこと

637c10c23b8ba6d2d18723eded78d52a_s
このパターンは初めて女性と付き合う男性に多そうですね。
私も経験ありです((´∀`))
お互いに好き同士になれたのに、すれ違ってしまい、結局付き合えませんでした。
臆病な自分に腹が立ち、とても後悔したのを覚えています。
相手の考えが分からず臆病になるくらいなら、開き直って
相手の気持ちを直接聞いてしまったほうがまだマシかもしれません。

【2】ケンカをしたときに意地になって自分から謝らなかったこと

9318f7bc2b803d9ccee6152ed0262637_s
これもよくあるパターンですね。
「自分は悪くないのに、なぜ自分から先に謝らなければいけないのか!?」って意地になってしまいますよね。
その場合、お互いがそう思っているから、謝るタイミングがなかなかつかみづらいですよね。
本当にどうでもいい些細な痴話ゲンカだったのに、謝るタイミングを失ってしまい別れるカップルもいます。
自分に非がないと思っていても、プライドを捨てて男性から先に「ごめん」と言ってしまったほうがいいですね。

【3】彼女のことを束縛しすぎてしまったこと

eb95f0fd1af3ac54112ad3360a375568_s
好きという気持ちが大きければ大きいほど、陥りやすいパターンのひとつですね。
四六時中一緒にいたい、自分だけを見てほしい、自分以外の異性と絡まないでほしいなどなど、
気持ちは分かりますが、相手も仕事や人付き合いがあるので難しいですよね。
どんなに相手のことが好きでも、重荷になってしまっては意味がないので、相手のペースに合わせることも重要ですよ。
「自分以外の男になびくわけがない」くらい自信をもって構えられるくらいになりたいですね。

【4】浮気をしてしまったこと

e7acfeb523c2c65e9eaedd7d507a3389_s
お酒が入ると、ついつい一時の気の迷いで・・・ってパターンが多そうですね。
相手によっては、仲の良い女友達と一緒にいるだけで疑われる可能性もありますよね。
浮気をしないのはもちろんですが、女性がいる飲み会にはなるべく参加しない、
女性と二人きりになるシチュエーションは避けるなど、予防線は張っておきたいですね。

【5】「好きだよ」と伝えなかったこと

76a49b3fda07521fa99949a0ad873216_s
恥ずかしいから、行動で示しているからなど、愛情表現を言葉で示さないパターンですね。
夫婦でも言葉で伝えないとなかなか理解するのは難しいものです。ましては恋人同士はまだ他人です。
言葉で伝えないと伝わらない想いも多々あります。
「好き」という言葉に照れず、愛情表現はきちんと言葉でアピールしておきたいものです。

相手のことがいくら好きでも、それが相手に伝わらなければ相手も不安になりますよね。
日々のコミュニケーションで「好き」という気持ちを伝えることが、円満の秘訣と言えそうですね。

f1309e06295c48be96d289c45ce7748a_s

関連記事

  1. f209332f3b05c55386a795775721eded_s

    初デートでおススメの喫茶店がスタバである理由5つ

  2. 292b5a914120ff13e052d77caf76883d_s

    自信をもちましょう!30代は人生最大のモテ期です!

  3. josiyobu

    女子を部屋に呼ぶ時は、掃除をするな!

  4. doyagao

    モテる男程、保険をかけているって本当!?

  5. fasshon

    オトコは服装ひとつで、女性より輝ける!!

  6. tyarao

    【女性必見】チャラ男を最短でモノにする方法!

  7. moterukikonsha

    独身より既婚男性がモテる理由とは?

  8. hige

    髭があるとモテないの!?スベスベな肌は好印象間違いなし

  9. 女性が喜ぶクリスマスプレゼントとは?

    【予算別】女性が喜ぶ2017年人気のクリスマスプレゼントまとめ

最近の記事

  1. image2
  2. image5
  3. image3
  4. image5
  5. IMG_6776
PAGE TOP