注目の記事 PICK UP!

【ユニクロで簡単モテファッション】

yunikuro

来る、久々の合コン!街コン! でも、着ていく服どうしよう。。。
そもそもファッションに自信がない…。

 

でも、ちょっと待ってください!
そもそも初対面でファッションを細かくチェックする女子など、なかなかいません。

ファッションを見ているというより、あなたのシルエットを見ています。

 

つまり、男子と女子が感じる「おしゃれの感覚」は少し異なるんです。

 

男子はブランド物のジャケットや、ファッション雑誌に載っている色のかっこいいボトムスなど「アイテム」に重きを置く人がほとんど。

 

一方、女子はその人の体型に合ったサイズ感(スタイル)とか、色や素材生地がケンカしていないかといったコーディネイトにおしゃれを感じるんです。

 

【服装としてユニクロを勧めるワケ】

yunijyanpu

必ず試着してシルエットを確かめましょう。

 

どういうことか。

 

まず、サイズ感についてです。

 

「服に着られている」なんて言葉がありますが、要は自分の体型にしっかり合ったサイズを着ているかどうか。

 

トップスは肩の位置、ボトムスは丈の長さなどを注意しましよう。

 

そして大事なのはシルエットです。

 

肩まわりや太ももがパツパツになっていないか。

 

反対にダルダルなのもだらしないです。

 

ありがちなのが、自分の持っている服の中で無理やりコーディネートしてしまうパターンですよね。ちょっと、サイズ感が合わなくてもこれはこれでありかもしれない。

それは、この記事を見たならやめましょう!

もちろん大きめの服でゆったり着こなすのもアリですが、女子ウケの良い清潔感のあるファッションであれば、ジャストフィットな着こなしがスタンダードです。
そこで、冒頭で先述致しましたように、ユニクロで今回のために揃えちゃいましょ!
ってことです。
そうなってくると必ずしなければならないのは「試着」。

 

男子は往々にして試着をめんどくさいと思いがち。

 

でも、皆さんも一度は経験しているかもしれませんが、軽く鏡で合わせてみて良さげだったから購入!はキケンです。

 

必ず試着はしましょう!

 

また、この時に妥協はしないように。「ほぼぴったり」では買わずにもう一つ下のワンサイズ試してください。(多くの人はきついのは嫌がりますが、大きめのものはあまり気にしない方が多いです。)
次に押さえるべきは「色相環」

 

【色相の関係性】

sikisai

次に色を考えてみましょう。

 

この表(色相環)でチェックすることで、色の相性の難易度が分かります。

 

対極にある色は一般的に相性が悪いと言われており、コーディネートは難しい。

 

例えば濃いデニムジーンズを持っていたとして、トップスにオレンジ色のシャツ。

 

「えっ、プロミス!?」とツッこまれてしまいそうです(笑)
ちょっと見たい気がしますが。。。

遠くにいたら面白いですが、近くにはいてほしくないですよね。
黄色いシャツの上にワインレッドのジャケットを羽織る。

 

目がチカチカしますね…。
目が痛いので、近くにいてほしくはないですよね。
そこで、モノトーンのボトムスです。

 

ここでオススメなのは黒や白のボトムス。

 

これらはほぼ、どんなトップスにも色が合います。

 

ただ一点注意。

 

色の雰囲気を合わせるのはできれば避けてください。
また、冒険しすぎることも。。。。
上下白コーデでおしゃれにまとめる人もいますが、これはハードルが高い。

 

では、赤やショッキングピンクのトップスでワンポイントを…ちょっと目立ち過ぎ。

 

シンプルisベストさを表現するには黒いデニムのボトムスと白シャツを合わせると、清潔感があって良いでしょう。

 

黒のボトムスの色合いで足元を引き締め、白の膨張職で男性特有の逆三角形のラインが作りやすくなります。

次は生地ですね。

【意外と忘れられがちな生地の大切さ】

kijif
基本は植物繊維。触ってみて似た生地を選ぶことがとても重要です。

 

たとえば、ものすごくおしゃれで高いレザーのジャケットを買いました。

 

下に履くのが麻の生地だったら、ワイルドさとナチュラルさがケンカしてしまいます。

 

優しい肌触りのニットにスポーティーなナイロンパンツ。

 

上はソフトで下はハード、アンバランスですね。

 

洋服の素材のほとんどが綿。

 

これをベースに考えましょう。

 

とにかく目をつぶって触ってみて、あまり違いがない生地で合わせるのがベターです。

 

ちなみにデニムジーンズは万能で、大体何にでも合います。

 

「困ったらデニム」です。

 

レザーなどの難しい素材は、ベルトやバッグといった小物であしらってみては。

 

こう考えると洋服のベースはユニクロでOK

 

服の種類や色もバリエーションが豊かで、何より安い!

 

とはいっても、全身ユニクロコーデは何だか気がひけるもの。

 

ユニクロ感は消したい。

 

そんな時は時計やハット、シューズなどでワンポイントの個性を出せばOK。

 

ユニクロはデザインがシンプルな分、他のアイテムが際立ちやすいのです。

 

黒のジーパンに無地の白シャツ。

 

これだけだとちょっと寂しいですよね。

 

ここに他ブランドのフェイスが大きめの時計や、デザイン性の高いシューズを持ってくることでそちらが目立つようになります。

 

「その時計かっこいいね」「えー、でも他は全部ユニクロだよ」「うそ!全然そんな感じしなかったよ!」。

 

こんな会話ができればバッチリです。

 

勝負ファッションに悩む男子へ。

 

「合コンでユニクロはNG」ではなく、「ユニクロがベース」で全然問題ないのです。

関連記事

  1. moteruotoko

    【モテ男 3つの極意】

  2. konkatu

    モテプロフィールで婚活成功!その書き方とは?

  3. sokushodanshi

    読書好き男子がモテるってホント?【10の理由】

  4. ogata

    O型次男が超モテる!モテ要素10コご紹介!

  5. motejyukujo

    アラフォー女性がモテる方法とは?

  6. kangaeruhito

    モテる男ってなんでモテるの?

  7. ayaseharuka

    モテたいなら綾瀬はるかを目指すな!!

  8. otokoerebi

    口説いてきた男の本気度を見抜く方法!

  9. moterubaito

    【フリーター必見】バイト先でモテる方法を暴露します!

最近の記事

  1. e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_s
  2. 050a96bcbb5dfe33a01a5a637441b30c_s
  3. c6a68d093377670e6d68d206d4dfdedf_s
  4. 女性が喜ぶクリスマスプレゼントとは?
  5. c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s
PAGE TOP