注目の記事 PICK UP!

白髪染めってハゲるの!?

%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%9f%93%e3%82%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%8f%e3%82%b1%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%ae%ef%bc%81%ef%bc%9f

白髪染めを繰り返し行うことでハゲる事があるそうです!知っていましたか!?

白髪って、気になりだすとちょっと出て来ただけでも目立つし、なんだか急に老け込んだように見えてすごく嫌ですよね・・・。まだ若いうちから白髪がたくさん出てしまっている人など、実際の歳より老けて見えてしまって可哀想だと思うときもあります・・・。
しかし、注意しなければならないのが、白髪染めは色素の無い毛に色素を入れなければならないため、染料として強い薬剤が含まれています!

普通のカラー剤よりも染まりが強く、色が抜けるのも遅いんです。
筆者の祖母はずっと3週間に1回くらいの頻度でカラーをしていたのですが、病気で美容院に行けなくなり10ヶ月近く経ちますが、伸びてきた部分は綺麗な白髪ですが、染めてた部分は未だに茶色いので、その洗髪力の強さと言うか…薬品の強力さにちょっと怖いなと思ってます・・・!

この強い薬剤が頭皮へ付着してしまうと、毛穴に入ってしまいそれが脱毛の原因になることもあります!
また、塗布するときに頭皮につかなかったとしても、カラー剤を流すときに多少は頭皮についてしまうものですし、カラー剤の副作用で髪の毛や毛根は傷んでしまうんですよ!
毛根が痛むと、健康な髪の毛も生えなくなってしまいます・・・。さらに、今生えている毛も細く弱ってしまうため、髪の毛が抜けやすくなってしまう、枝毛や切れ毛のように途中で切れてしまうなどのトラブルが起きてしまうそうです!

<カラー剤はどんなものが良くないの?>

%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%9f%93%e3%82%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%8f%e3%82%b1%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%ae%ef%bc%81%ef%bc%9f2
白髪染めと言っても、いろいろな商品が販売されていますね!ヘナやカラートリートメント、ヘアマニキュア…種類が多すぎて何が何やらわからなくなってしまうほど!
特に、市販の白髪染めは誰でも上手に手軽に染められ、ムラなどの染めの失敗が起きないようにするために強い薬剤が使われている事が多いんですよ。これらの白髪染めは、特に髪の毛や頭皮へのダメージが大きい商品なのでなるべく使わないようにしましょう!

ヘアカラートリートメント(シャンプーのあとにつけるトリートメントと似た髪の毛を保護する成分が入っている。その分、一度に染まる具合は弱く、長期の継続使用が必要)やヘアマニキュア(髪の毛の外側に色素を吸着させてコーティングさせるもの。こちらもヘアカラーより色の持ちが悪い場合が多い)を使ってカラーリングをしたほうが、髪の毛や頭皮へのダメージは少なく済ませる事ができそうです!
カラートリートメントや、ヘアマニキュアは強い薬剤は使っておらず、あまり髪の毛や頭皮を痛めること無くカラーリングができますよ!

また、ヘナという自然の染料もあります!これは化学薬品が入っていない植物の葉を粉にした染料なんです。古代インドなどでは治療薬としても使われ、肌や髪の毛が染まる効果から、ヘナのペーストで皮膚の上に絵を書くヘナタトゥー(数週間で消える)なども有名ですね!
このヘナで髪の毛を染めると言う方法もあります!天然素材のものですので、カラーにあまり幅が無いのが残念ですが、化学成分が一切入っていないため、カラー剤でかぶれてしまったりかゆみ、痛みなどが出る人でも安心して使う事ができます!凄いですね!

ただ、お湯で溶かしてペースト状にし、1時間ほど塗布して放置しなければならないなど、ヘアマニキュアやカラートリートメントよりは手間がかかる印象ですね・・。しかし、植物由来なのでニオイも苦手な人は気になるようですし、誰にもアレルギーが出ないということではありませんのでパッチテストは必須です!さらにヘナを使うと翌日までものすごく眠くなってしまうという人もいるようですので、使用するタイミングには注意が必要かもしれませんね。

%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%9f%93%e3%82%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%8f%e3%82%b1%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%ae%ef%bc%81%ef%bc%9f3

また、美容室でカラーをするときはきちんとプロが頭皮に液が付かないようにするなど、髪の毛と頭皮へのダメージを考えてカラーしてくれるため安心できますが、自分でカラーをする場合はカラー剤が髪の毛以外の部分につかないように保護する、しっかりとカラー剤を洗い流すようにする、カラーはあんまり近いスパンで行わないようにする、など髪の毛にダメージがあることを理解した上で、カラーをするようにしましょう!
原則的に、1ヶ月1回以上カラーを繰り返すと、ダメージも出やすくなってしまうので注意が必要ですよ!

白髪染めと同様に、普通のカラーリングやパーマ、ブリーチ、縮毛矯正なども髪の毛に強いダメージを与えることがあります!
近年、若い人に薄毛に悩む人が多いのは、若い頃からカラーやブリーチなどを繰り返しているのも一つの要因になっているのだと思います。。。
筆者もカラーをしていますし、パーマをかけたりブリーチをしたこともありました。おしゃれをする上で、髪型というのは非常に重要なパーツですし、今は髪型をいじるのは当たり前の世の中です!
しかし、髪の毛や頭皮にトラブルが起きる可能性があると言うことを理解した上で、きちんとケアをしながらおしゃれを楽しむようにしたほうが良いですよ!

jyoi_300x250_02

関連記事

  1. taberuhito

    昨日食べたあの食品…実は薄毛の原因かもしれない?

  2. 288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

    一匹狼よりバツイチ男性の方が圧倒的にモテる理由が凄い!

  3. touhimassa

    頭皮マッサージを正しく行って健康な毛を育てるには?

  4. usugekusuri

    「薄毛治療」って何をするの?

  5. konnbu

    薄毛予防に欠かせない!?育毛成分M-034の効果とは?

  6. agahuri

    男性型脱毛症の種類がパターン化できるって本当?

  7. jogingu

    ジョギングでフサフサに…!運動と薄毛の関係とは?

  8. siragazome

    白髪染めを使うとハゲるって本当?

  9. wakahage

    若い時に禿げたら「若ハゲ」、これっていつから?

最近の記事

  1. e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_s
  2. 050a96bcbb5dfe33a01a5a637441b30c_s
  3. c6a68d093377670e6d68d206d4dfdedf_s
  4. 女性が喜ぶクリスマスプレゼントとは?
  5. c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s
PAGE TOP