注目の記事 PICK UP!

若い時に禿げたら「若ハゲ」、これっていつから?

wakahage

若い時に禿げると「若ハゲ」と呼ばれますが、実際年齢がいくつまでが若ハゲとなるのでしょうか?

実は、「若ハゲ」は特に明確な定義は無いそうです!

10代の後半で既に生え際が気になる・・・など自覚症状が出始め、30歳になる頃にはすっかりハゲてしまっている人などを一般的に「若ハゲ」と呼んでいるようですよ!

 

<何が原因で若くからハゲてしまうの?>

wakahagegenin

「若ハゲ」に限らず、頭髪が薄くなってしまう原因は、年齢にはほとんど関係無く共通しています。

  • 遺伝
  • 皮脂
  • 生活習慣
  • 外的ダメージ

ご存知の方も多いかと思いますが、若ハゲの最も多い原因は「遺伝」です。

お父さんの頭髪が薄いからと、不安になって若くからケアを熱心に行ってきた経験を持っている方も多いのではないでしょうか・・・!

禿げやすい遺伝子を持っている場合、持っていない人に比べてやはり「若ハゲ」となりやすいようです。

しかし、生まれ持っての遺伝子の影響はどうすることもできないので、それを悔やんでいるよりもその事実を受け入れ、早めの対策を人一倍行うことで、薄毛の進行を抑えることは十分目指せますよ!

諦めずに頑張っていきましょう!

また、「皮脂」の分泌にも注意が必要です。

若ハゲの原因の一つとして、皮脂の分泌量が通常より多い点が挙げられます。

皮脂は若ハゲに限らず薄毛の大きな原因とも言えます。

思春期に皮脂の分泌が活発なためにニキビが多くできてしまいますよね?頭皮についても若い人の方が皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、洗髪にも気を遣わないといけません。

もちろん洗いすぎは禁物ですが、抜け毛が気になるからとあまり洗わないでいると頭皮に皮脂が溜まり、毛穴が詰まってしまいます。結果、毛穴に炎症が起きたり、フケやかゆみなどを引き起こす可能性もあ るので、1日1回はしっかりと髪を洗うようにするのが良いですよ!

「生活習慣」については、下記項目に当てはまる人は注意が必要かもしれません!

  • 毎日夜更かしをしている
  • 偏った食事を取っている
  • タバコをよく吸う
  • お酒をよく飲む

若いうち(10代のうち)は、「生活習慣」が原因の薄毛はほとんど無いとは思いますが、成長期を過ぎ身体がしっかり出来上がっている大人になっても、このような生活習慣を行い続けていると薄毛のリスク はどんどん高まっていきます。もちろん10代の時点ですでに薄毛の自覚症状のある方は、上記のような生活習慣は即刻改めた方が良いですよ!生活習慣はすぐに変えるのは難しいところがありますので、早め の見直しをオススメします!
「外的ダメージ」とは、オシャレ目的でカラーやパーマ・縮毛矯正などを何度も何度も繰り返すことで、髪の毛と頭皮へのダメージを蓄積させてしまうことなどを指します。 昔はそれほど原因としては多くなかったのですが、最近は若者のファッションの一部として髪の毛にアレンジを加えることは一般的となっているためか、今の「若ハゲ」の原因として多く挙げられるようにな りました。 特に女性は頻繁に髪型を変えてオシャレを楽しんでいる方が多いので、女性の薄毛が増加した大きな原因と言えるでしょう。
将来薄毛になるのが怖い!!という方はカラーリングやパーマなどは、髪と頭皮にダメージを与えるということをしっかり認識して、オシャレを楽しむようにするのが一番だと思います。

どうしてもカラーやパーマをしたい!ということであれば、出来るだけダメージを少なくなるよう自己処理ではなく美容室で施術してもらったり、施術後きちんとケアをしてあげるなどの対策が必須ですよ!

<結局若ハゲ対策ってどうしたらいいの?>

dousitaraiino

若ハゲの対策で最も重要なことは「スピードと根気」です。

不安を感じたら、すぐに対策をすること!健康な頭皮と髪を維持するためには早ければ早いほど良いんです。

対策をしても、すぐに効果を実感されるというものではないので、根気強く続けていく必要があります。

それをしっかり認識して、「いくら頑張っても毛が生えてこない!」とストレスを強く感じてしまうことのないよう、気長に長期スパンで考えるようにしましょう。

若ハゲに限らず、人間は期待した効果が出ないとイライラしたり焦ったりするものですからね!

育毛剤を使い続け、食べるものにの気を遣い、長い期間にわたって地道な努力を続けているとどこかのタイミングで本当に効果あるのかな・・・と不安になるのも無理はありません。

ですが、努力を全く続けてこなかった人に比べれば確実に効果は出ますし、見えないところで進行を遅らせている場合も多くあるので、信じてとにかく続けていくことが大切です。

<日々のケアで薄毛対策の効果は実感できる!>

usugeyobou

若いうちは、強い薬剤(フィナステリドやミノキシジルなど)を使うよりは、地道なケアを行うことが非常に有効だと私は思います。

強い薬剤というものは、効果が強い反面副作用も強く、場合によっては副作用が原因で取り返しのつかない事態になる可能性もゼロではないからです。

例えば、勃起不全などの頭皮以外の部位にトラブルが起きたり、ミノキ焼けのような、頭皮自体にダメージを与えてしまう場合もあるようです。
そういった副作用のトラブルに見舞われることなく最短で育毛に成功する方も中にはいます。

ですが、万が一そんな副作用が出てしまったら・・・と考えると、強い薬剤に手を出す前にできることが多くあると気づけるかもしれません。

毎日の習慣を見直し、健康な頭皮と髪を維持するために良いとされる地道で確実なケアを続けていき、健康的に無理なく成果を出していく。長い道のりに感じるかもしれませんが、それこそが人生を豊かにす るノーリスクな方法といえるかもしれませんよ!

ahuro_300x250

関連記事

  1. usugekusuri

    「薄毛治療」って何をするの?

  2. konnbu

    薄毛予防に欠かせない!?育毛成分M-034の効果とは?

  3. agahuri

    男性型脱毛症の種類がパターン化できるって本当?

  4. daietto

    ダイエットするとハゲるは本当?

  5. jogingu

    ジョギングでフサフサに…!運動と薄毛の関係とは?

  6. usugebosi

    薄毛隠しの帽子が、薄毛を悪化させてる!?

  7. touhimassa

    頭皮マッサージを正しく行って健康な毛を育てるには?

  8. usugegairai

    【恐怖】薄毛治療をAGA外来で受ける場合のデメリットとは?

  9. 288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

    一匹狼よりバツイチ男性の方が圧倒的にモテる理由が凄い!

最近の記事

  1. e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_s
  2. 050a96bcbb5dfe33a01a5a637441b30c_s
  3. c6a68d093377670e6d68d206d4dfdedf_s
  4. 女性が喜ぶクリスマスプレゼントとは?
  5. c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s
PAGE TOP