注目の記事 PICK UP!

【マジで!?】帽子を被って薄毛が改善?

usugebosi

薄毛が気になりだしたあたりから、帽子をかぶる事が多くなった…と言う話はよく聞くかと思います!
実際、植毛するでも無く、かつらをかぶるわけでも無く、フリカケのような粉を頭に振ることをせずとも即座にハゲた部分を隠す事が出来るため、画期的なアイテムとも言えるでしょう!
更に、夏は強い日差しから頭皮を守ってくれる効果もありますし、冬は冷たく乾燥した風からも頭皮と髪の毛を守ってくれる役割はたします!

 

こうして考えると、育毛をするにあたって心強い味方のように感じますが、「帽子を被るとハゲる」と言う話を聞いたことがあるのではないでしょうか?
それを聞いて、怖くなって帽子をかぶれなくなってしまった、でも禿げてるから帽子はかぶりたいと複雑な気持ちになったこともあるのではないでしょうか?

 

では、本当に帽子を被ると禿げてしまうのか?

 

答えは、半分正解、半分ハズレ、といっておきましょう!

 

帽子をかぶると禿げるかもしれない!?その真相とは?

育毛には頭皮の環境が密接に関わってるといわれております。
帽子を被っていると、どんなに通気性に優れた帽子だとしても、多少なり頭皮は蒸れますよね!
帽子を丸一日被っていて、それを外すと髪の毛がベチャッとなってしまうのは髪の毛が蒸れている&帽子で圧迫されてしまうからです!
頭皮が蒸れると、細菌が繁殖しやすい環境を作ることになってしまい、頭皮の炎症やフケ、かゆみなどのトラブルに繋がってしまう恐れがあります。

 

私の頭皮には細菌なんていないと思うかもしれませんが、誰しも頭皮や皮膚の上には常在菌と呼ばれる細菌が存在していて、普段は皮脂を餌にして脂肪酸を分泌し、肌を弱酸性に保ってくれるという意味ではとても有り難い存在なのです。
しかし、それが暖かく湿った環境で繁殖されてしまうと、体の免疫機能が働いで、敵であると認識し、炎症を起こしてしまいます!
帽子をずっと被っていると頭が痒くなることがありますが、これは頭皮の常在菌が増え、軽い炎症を起こしているのです。
この炎症が起きているままで放置をすると、細胞にまでダメージがおよび、ひどい場合は正常な髪の毛が急に抜けてしまうこともあります!
また、風に飛ばされない様にするなどの理由から自分の実際の頭の直径よりも小さいきつい帽子を被っていると、必然的に頭部が帽子によって圧迫されてしまい血流が悪化するため、頭皮に栄養が運ばれにくくなり、これによっても薄毛の原因になってしまうこともあります。
上記のことは帽子だけではなく、バイクの運転時に被るヘルメットなどにも言えることです!

 

帽子をかぶることは実はとても大切!

hageguddo

帽子によって起きるトラブルをいくつか挙げました!
しかし、このようなひどい症状が起きることは極稀で、炎天下の真夏にずっと帽子を何日かかぶり続けた…なんてことをしないかぎり、きちんと家に帰って帽子を取り、洗髪をしていれば防げることでありますよね!
また、少し大きめの帽子をかぶるとキツキツのものよりも通気性もいいですし、血行も悪くなりませんので自分にあったサイズか少しだけ大きめのものを選ぶようにすると良いでしょう!
そして、夏の強い紫外線や、冬の乾燥した強い風、花粉の季節など、帽子で頭皮を守ってあげたほうが良いことも多くありますので、臨機応変に対応してあげるのが良いですよ!

ahuro_300x250

関連記事

  1. daietto

    ダイエットするとハゲるは本当?

  2. IMG_6776

    チャップアップ・イクオスを使っても1ヶ月で生えるわけがない!その理由とは…

  3. senpatudnsei

    2回以上のシャンプーが抜け毛の原因に?

  4. jogingu

    ジョギングでフサフサに…!運動と薄毛の関係とは?

  5. usugegairai

    【恐怖】薄毛治療をAGA外来で受ける場合のデメリットとは?

  6. wakahage

    若い時に禿げたら「若ハゲ」、これっていつから?

  7. agahuri

    男性型脱毛症の種類がパターン化できるって本当?

  8. taberuhito

    昨日食べたあの食品…実は薄毛の原因かもしれない?

  9. touhimassa

    頭皮マッサージを正しく行って健康な毛を育てるには?

最近の記事

  1. image5
  2. image3
  3. image5
  4. IMG_6776
  5. ベルタ、CA101、リジュンと比較
PAGE TOP