注目の記事 PICK UP!

モテプロフィールで婚活成功!その書き方とは?

konkatu

婚活パーティーでは最初に相手の情報を入手するツールとなるものが…。そうです。プロフィールですね!

それによってプロフィールの書き方次第では好感度が上がり下がりします。

基本的なことではありますが、空欄が目立つとその好感度は下がってしまいますね…。

女性は特に年齢を空白にすることが多い傾向があります。

しかし結婚を前提として出会いの場で年齢を隠すのは、真剣な交際をする気がないのかなと思わせることにも繋がります。

年齢を詐称するなど嘘を記入することは禁止ですが、趣味はあまりなくても書いておいた方が、実際に会った時に話題にもできるので、なるべく記入はしておきましょう!

女性の方でどうしても趣味がないという方は、「料理」と書いておくと家庭的なイメージを植え付けることができるので、空欄には絶対にしないようにしましょう!

特別な資格を持っているなど料理がちょっと苦手な場合でも、「インド料理にハマってます」と書くなど、相手に気にしてもらうようなちょっとした、「ビックリ」を書くこともいいかもしれません。

男女共に受けが良い趣味が「食べ歩き」と「旅行」というのはご存知でしたか?

この2つの趣味のことを「イメージが嫌いなー」と感じている人はほとんどおらず、どんな食べ物が好きなのかやどの旅行先が楽しかったかなど話題にしやすいテーマなので、話しかけられることが増えるかもしれません。

ちょっとした話しかけられるように仕掛けるテクニックのようなものですが、男性なら「スイーツを食べ歩くのが趣味です」と書いておいて、事前にスイーツの情報を集めておけば、女性から話しかけられる頻度が増えるかもしれまえせん。

プロフィールカードにはそれぞれのセンスが出ますが、字を丁寧に書くことは常識で、婚活パーティーでは気になる異性の字が汚いことで交際に繋がらなかったことも多々あるようです。

達筆で大人の印象を与えるなどと考えるのではなく、相手から見て、読みやすい字を書くことがポイントです。

女性の方であれば、プロフィール欄がシンプルになりすぎた場合は、顔文字や絵文字などを記入し、明るさや柔らかさをイメージしてみるのもありかもしれませんね!

地味なプロフィールカードは真面目さは伝わりますが、「この人、堅い考えの人なのかな?」と印象を持たれる場合もありますので注意です!

それをカバーするためのは、自信があったり異性と積極的に話したい部分を、目立たせるため、太字で大きく書いたり色付きのペンで書いたりして工夫してみましょう!

一部分を目立たせると相手に見てほしくない「年齢」の部分を隠すこともできるかもしれません。これは是非実践で使いましょう!
さらに婚活パーティーでは結婚を視野に入れている人がほとんどなので、その人と相性が合うのか等よく考えている人が多く、異性のタイプ(性格)はよく見られているカテゴリでもありますね!

ここでポイントなのが、特定の容姿や年齢を指定すると始めから相手を狭めてしまうこと…。多くの人に当てはまるように視野を広くみた書き方を心がけましょう!

「優しい人」と書くと当たり障りがないので、書けない人はそう書くといいでしょう!

誰でも好きな人には優しく接するので、自分にも可能性があると異性が近づきやすくなります。

また「価値観の合う人」も話しかけられる機会が増えてくるので、出会いのチャンスを広げることが可能です!

 

いかがでしたか?

紹介した「技」を使い、婚活を成功させられるよう頑張りましょう!

関連記事

  1. abgata

    不思議ちゃんAB型女性がイケメン男性にモテる理由とは?

  2. goukon

    合コンでモテる女の秘訣!ちょちょいと彼氏ゲットだぜ!

  3. kappuruhuri

    ワキガに朗報?ワキガでもモテる人がいる理由を大公開!

  4. yoga

    スキルもイケメンもゲット!!男性にモテる習い事7つをご紹介!

  5. doryoku1

    モテる男は見えないところで努力していた。。

  6. moteruotoko5

    足のニオイや体臭ケアでモテる男に!

  7. irokejosei

    なぜ?バツイチ女性がモテる本当の理由とは?

  8. 197cef4a6b4ae52ca118ed0c33b9fda2_s

    女子が「カッコいい!」と感じるオタク系男子 5パターン!!

  9. cd35e46b7d4c67a2f28b3f721b5a5089_s

    「とりメシ」ができる女の子がモテる理由とは?

最近の記事

  1. image2
  2. image5
  3. image3
  4. image5
  5. IMG_6776
PAGE TOP